ζ*'ヮ')ζ<もやし栽培

アイドルマスターのエリアゲーム「アイドルマスターモバイル、通称アイモバ」の成分多め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アイモバ 都道府県の難易度 首都エリア編

都道府県の難易度 首都エリア編です。

移動は公共交通機関に限定し、出発は関東というのが前提になっています。
難易度は1~5で数字が大きいほど高難度となります。
攻略方法によって難易度は大きく変わると思います。あくまでも私の主観になりますのでご了承下さい。


首都は一都六県、計169エリアあります。

茨城県 5エリア 難易度2

ibaraki-n1.jpg

常磐線で4エリア取れますが東京から日立エリアまでは片道2時間(各駅停車)掛かります。
常磐線で取得出来ない古河エリアは新幹線、もしくは東北本線で取得出来ます。遠征すれば何度も通るので
特に問題ないでしょう。難易度的には1ですが往復4時間ということで難易度2としました。


栃木県 6エリア 難易度2

tochigi-n1.jpg


中禅寺湖/日光周辺、鬼怒川/川治エリアが盲腸線なので面倒。
他の4エリアは新幹線で取得可能。



群馬県 6エリア 難易度4

gunma-n1.jpg

「関東のネクロゴンド」と呼ばれている尾瀬エリアがあります。
尾瀬は最寄りの沼田駅からバスで1時間半。尾瀬を赤く埋めたいという強い意思が必要です。
他にJRで取れない太田/館林、新幹線で取得不可な前橋/伊勢崎など癖があるエリアと言えます。
沼田/水上は上越新幹線からも取れますがトンネル区間が殆どでタイミングを合わせないと失敗します。



埼玉県 12エリア 難易度3

saitama-n1.jpg

南北の移動は楽な県ですが東西となると厄介。埼玉だけの攻略とせず通過ついでに攻略するスタイルで。
和光/朝霞/富士見エリアのみ残ってしまったので取りに出掛けました。
秩父/長瀞エリアが八高線から取れるのは救いですね。


千葉県 10エリア 難易度3

chiba-n1.jpg

大回り乗車で全エリア攻略出来き難しくありませんが、列車で一日掛かります。
房総半島一周で東京~神戸間に匹敵します。千葉県の大きさを実感しました。
特急わかしおは勝浦駅 - 安房鴨川駅間を普通列車として運行しているものがあります。


東京都 99エリア 難易度5

Tokyo-n1.jpg

99エリアは全国最多ですが96エリア、97%までなら難易度2。二日もあれば十分でしょう。

東京島嶼部が大幅に難易度を上げています。
大島/新島、三宅島/八丈島なら飛行機やフェリーでの弾丸で日帰りに近い形で攻略出来ます。

問題は赤505制覇への最難関でラスボスと評される小笠原諸島でしょう。

小笠原諸島エリアへの到達手段は船のみ。おがさわら丸で父島まで25時間半。6日に1便です。
年に数回、父島停泊2時間半程度の便があり3日間で弾丸が可能です。
途中で大島と三宅島エリアの取得が可能です。(この時はドコモ回線です)


神奈川県 難易度2 31エリア

kanagawa-n1.jpg

面倒なエリアは箱根のみ。あとは元町/中華街、本牧/三渓園が根岸線から狙う際に若干難しい程度でしょうか。
いずみ野/緑園都市は新幹線から狙えます。


首都エリアは一部を除き、交通機関が充実しているので攻略は簡単です。とりあえずエリアを増やしたいPは
関東遠征お奨めです。

スポンサーサイト
  1. 2014/07/24(木) 01:18:00|
  2. アイモバ

アイモバ 第一次九州遠征その2

第一次九州遠征の二日目、日付は13年5月5日となります。

初日の制覇エリア(九州)
福岡県 小倉北区、八幡西区、中央区、博多区/東区、早良区/西区、太宰府/筑紫野、前原/糸島。

佐賀県 佐賀/鳥栖、唐津/伊万里 佐賀は100% 伊織待受は2日目に持ち越し

長崎県 長崎、雲仙/島原、佐世保/平戸 やよいの待受入手済み


二日目の目的・・・佐世保から出発、九州を時計回りに進み、鹿児島で宿泊する事。ルート以下の画像通り。


kyushu02-2.jpg


アイモバPの朝は早い、6時台の列車で移動を開始します。とりあえず博多駅へ戻ります。
この日はほぼ列車移動に費やしています。特急の自由席ですが空いていました。


佐世保から佐世保線で肥前山口まで移動します。

肥前山口駅の手前で佐賀/鳥栖エリアになるのでF版は伊織に担当変更、待受を入手

肥前山口から特急かもめに乗り換えて博多駅へ。佐世保からの所要時間は2時間ほど。


博多駅で特急ソニックに乗り大分を目指します。

新幹線からは取得不可(トンネル圏外)の宗像/古賀/粕屋、遠賀/筑豊、若松区/戸畑区/八幡東区、門司区/小倉南区を制覇します。京築を制覇して大分県に突入します。

中津/日田、国東/宇佐、別府/湯布院/九重、大分エリアを制覇。博多から約2時間で大分駅に到着。
別府/湯布院/九重は在住Pが少ないのか代行が結構ありました。
F版の別府/湯布院/九重にはあずささんの待受があるので入手しました。

この時は大分で待ち時間がありましたので休憩、お弁当を買いました。


大分で特急にちりんに乗り宮崎まで。

この区間は特急で約3時間ですが非常に遅く感じました。佐伯、延岡間は山間部なのでカーブ多くスピードが
出せないのでしょうか。ノロノロ区間でした。しかし、普通列車で攻略するとなると本数の少なさから苦行とも言える
待ち時間がありますので仕方のない事でしょう。

佐伯/竹田で営業、大分県制覇。宮崎県に入り延岡/日向、宮崎/日南を制覇

宮崎駅に到着、向かいに停車していた特急きりしまに乗り換えて鹿児島中央駅へ。
続いて都城/小林を制覇。宮崎県制覇。初めての宮崎県でしたが通過で終わりました。

鹿児島県へ入りますが鹿屋/垂水エリアは要注意です。
日豊本線付近は山間部で電波状況が不安定です。(当時はソフバン)
県境を過ぎたら電波状況を確認して速やかに取得しましょう。


この日は晴天で桜島がよく見えました。噴煙が上がっていましたが陸側の席だったので写真は撮れませんでした。

鹿児島中央駅に到着、指宿枕崎線を待ちます。薩摩今和泉駅で折り返す予定でしたが、指宿まで行ってみました。
最南端の西大山駅は日没後に着いても意味はないと思い行きませんでした。

鹿児島県はここまでで鹿屋/垂水、国分/隼人、鹿児島、指宿/枕崎を制覇

来た列車で折り返し鹿児島中央で下車、天文館付近で宿泊しました。

二日目終えての状況。この日は17エリア制覇。

kyushu02-3.jpg


次回の遠征記は第一次九州遠征の三日目、最終日となります。
  1. 2014/07/22(火) 01:14:34|
  2. アイモバ

アイモバ 第一次九州遠征その1

13年のGWを利用して九州遠征をしました。日付は5月4~6日です。
この遠征の目的は南エリアの離島以外を制覇しi版は売れっ子Pに昇格する。
765の日と重なっておりF版のご当地コンテンツのボイスと待受を可能な限り回収する事としました。



エリア制覇の為に飛行機は使わず、東海道・山陽新幹線で博多まで行く事にしました。
高速移動ゆえに行きで取りこぼしが発生する可能性もあるので、往復新幹線利用としました。
往復割引もあるので多少お得でした。i版を始めて直ぐに計画しておりましたので、予め窓側のコンセントがある
席を確保。Fとiを同時に行う体制を整えました。

この時点で敏腕に昇格していたはずで、おそらく160~170エリア制覇位だったと記憶しています。

新横浜駅で乗車して新幹線から取得出来るエリアは以下の通りです。

神奈川県
新横浜、保土ヶ谷、希望が丘/二俣川、いずみ野/緑園都市、大和/瀬谷/三ツ境、藤沢/茅ヶ崎/江ノ島、
本厚木/海老名/相模大野、平塚/大磯、小田原、真鶴/湯河原

真鶴付近で位置情報取得が困難となり、やっと取得したと思ったら箱根でした。
後日2回ほど取れたので特異点なのでしょう(当時の回線はソフバンでした)
 
静岡県
熱海/伊東/東伊豆、中伊豆、沼津/三島/御殿場、富士/富士宮、静岡清水/庵原、静岡駅周辺、
焼津/藤枝/志太、島田/榛原、掛川/小笠、磐田/袋井、浜松/浜名湖

愛知県
豊橋/渥美/奥三河、知多半島/西尾/蒲郡、豊田/安城/刈谷/岡崎、東海/大府/日進/愛知郡、
緑区、港区、南区、熱田、中川区、名古屋駅、中村区、一宮/稲沢/津島

岐阜県
岐阜、西濃

滋賀県
湖北、湖東/湖南 、大津市

京都府
山科、祇園/東山 、京都駅周辺、東寺/吉祥院周辺、桂/洛西、伏見/桃山/淀 、
長岡京市/向日市

大阪府
高槻/茨木/摂津、大阪市北東部、十三/新大阪周辺

兵庫県
尼崎市、宝塚/伊丹/川西/三田、西宮市、芦屋市、東灘/六甲アイランド、灘区、北野/新神戸、兵庫/長田 、
須磨/垂水、神戸西区、西明石、東播磨、姫路/中播磨、西播磨

岡山県
備前/瀬戸内、岡山/玉野/赤磐、倉敷/総社/笠岡

広島県
福山/府中、三原/尾道、東広島/西条/竹原、広島、宮島/廿日市/大竹

山口県
周南/岩国、宇部/山口/防府、下関

福岡県
小倉北区、八幡西区、遠賀/筑豊、宗像/古賀/粕屋、博多区/東区

博多に最速で到着するのぞみに乗車し、飯も取らずにひたすらポチポチしました。2垢操作なので余計に
目まぐるしくエリアが変わる感覚です。名古屋や京都などの密集している地域は後日遠征に
行くし失敗しても良いという気持ちで臨みました。山陽新幹線は位置情報に苦労しました。

九州に着いてからは「九州八十八湯めぐりきっぷ」を購入し使用しました。九州新幹線を除くJR九州全線の特急・普通列車(快速列車含む)の普通車自由席に乗り降り自由という切符です。九州新幹線が使えないのは痛いですが当時はベストな選択であったと思います。

誕生日月であれば「HAPPY BIRTHDAY ♪ KYUSHU PASS」がお得ですね。私は11月生まれですが11月に連休は
ありませんので(取れませんので)選択肢にありませんでした。

14年の7月現在は「アラウンド九州きっぷ」が発売されています。新幹線も乗れるのでこちらが良いと思われます。

まずは定番の千早駅へ。消費増税によって720円切符は幻となりました。

kyushu01-4.jpg

kyushu01-3.jpg

直ぐに折り返して波多江駅へ向かいます。
途中で中央区、早良区/西区、前原/糸島を制覇。波多江駅から博多駅に戻り、特急かもめ号で長崎へ。移動時間は約2時間でした。

博多~長崎間のエリア

太宰府/筑紫野、佐賀/鳥栖、唐津/伊万里、長崎
佐賀は通過のみで制覇。唯一の2エリアしかない県です。F版では佐賀に伊織の待受があります。

長崎では原爆資料館と定番ですがグラバー園に行きました。

kyushu01-5.jpg

kyushu01-6.jpg

kyushu01-7.jpg

次に雲仙エリアの制覇へ向かいます。諫早から島原鉄道に乗り換えて愛野駅を目指します。
愛野駅で雲仙エリアを取得し折り返しを待ちます。後日、知ったのですが愛野駅は縁結びの駅で有名との事でした。

再び諫早に戻り、大村線で佐世保に向かいます。もう終電の時間でした。
駅から徒歩で宿に到着、5日なったので担当変更しやよいの待受をゲットしました。

正直、ご当地コンテンツとエリア制覇の両立は面倒ですね。佐世保だけぎりぎりまで宿が見つからず
苦労しました。全体の日程を考慮すると佐世保に泊まることが必須でした。

以下、九州遠征初日のルートです。

kyushu01-1.jpg

kyushu01-2.jpg

この日だけで制覇エリアが80ほど増えました。

7月22日追記 この日の成果

初日の制覇エリア(九州)
福岡県 小倉北区、八幡西区、中央区、博多区/東区、早良区/西区、太宰府/筑紫野、前原/糸島

佐賀県 佐賀/鳥栖、唐津/伊万里 佐賀は100% 伊織待受は2日目に持ち越し

長崎県 長崎、雲仙/島原、佐世保/平戸 やよいの待受入手済み

第一次九州遠征2日目に続きます。

  1. 2014/07/17(木) 01:16:00|
  2. アイモバ

アイモバ 都道府県の難易度 北東エリア編

都道府県別の攻略難易度を考察したいと思います。

移動は公共交通機関に限定し、出発は関東というのが前提になっています。
攻略方法によって難易度は大きく変わると思います。あくまでも私の主観になりますのでご了承下さい。
難易度は1~5で数字が大きいほど高難度となります。



北から順番にということで北東エリアから紹介します。北東は全部で53エリアあります。

北海道 32エリア 難易度5

hokkaido01.jpg


北東エリア53のうち32エリアを有しています。とにかくでかいw都市間の移動が数百キロあったりします。
駆け足でも3泊必要と思われます。私の場合2回の遠征で攻略していますが、神奈川から往復列車を使用した
2回目がきつかったです。一回目で残った留萌、稚内、網走、釧路、根室の5つのエリアを赤くするだけでも
3日掛かっています。私は試していませんが、都市間移動を夜行バスなどにすると楽かも知れません。

厳しい自然環境も敵と言えます。冬場は難易度5以上かも。鹿クラッシュ多発。最近はJR北海道も敵になる有様。
私の場合は攻略者のご意見を仰ぎ、気候が安定する時期を選びました。また大きなトラブルや遅延もなく
攻略出来たのは運が良かったと思います。


青森県 3エリア 難易度1

aomori01.jpg


八戸と青森エリアは新幹線で制覇。
弘前が強いて言えば面倒でした。後日、日本海側から攻略。


岩手県 3エリア 難易度3

iwate01.jpg


大きい県ですが3エリアしかない、つまり移動距離が長くなる。東北六県で最難関と思われる沿岸エリアを内包。
一ノ関は新幹線からの位置情報取得が難しかったですが改善されたようです。
沿岸は八戸線の種市で取りました。バスで通過する方法もあると言うことです。


宮城県 4エリア 難易度2

miyagi01.jpg


石巻/松島/気仙沼エリアのみ新幹線で取れないので在来線からアタックしなくてはなりません。よって難易度2です。
仙台は全国有数の代行不毛エリアとして有名。仙南エリアのお土産「こけし」は貰えるとうれしいお礼ベスト3
に入る逸品です。



秋田 3エリア 難易度1

akita01.jpg


秋田新幹線と奥羽本線で制覇できます。通過だけで良いので難易度は1です。
秋田エリアは代行激戦区でした。


山形県 4エリア 難易度2

yamagata01.jpg


山形県を関東から単体で攻略するとなると、鶴岡エリアが難関と思われる。新潟遠征のついでに攻略したので
通過のみで済みました。新庄からは山形新幹線に乗って攻略。


福島県 4エリア 難易度3

fukushima01.jpg


郡山、福島エリアは新幹線で取れますが、県内東西の鉄道が貧弱で本数が少なくなっており、
バスに取って変わられています。会津といわきが遠いので難易度は3です。


北東エリアは冬になると厳しい天候によって難易度が上がります。私の場合、雪が降る前に埋めるつもりで
行動しました。

  1. 2014/07/15(火) 01:13:51|
  2. アイモバ

アイモバ 第一次東北・北海道遠征その3

第一次東北・北海道遠征の三日目、最終日となります。
この日は札幌市周辺のエリア制覇して、とかち帯広空港から帰還するのが目的となります。


北海道のエリアは札幌周辺に密集しています。

sapporo1.jpg

市内は地下鉄で制覇してきます。特に難しくありませんが山鼻/藻岩周辺は南北線の幌平橋で
下車し取得しました。駅から100メートルくらいでエリアに入りました。市内観光もしましたが6時間ほどで埋めた記憶が
あります。

4月中旬でも雪があり、氷があるというのは新鮮でした。
nakjima1.jpg

nakajima2.jpg


早朝から行動し代行天国でしたが、制覇エリア数、ファン強化が揃っていない状態だったのが惜しかったです。

琴似/八軒と手稲/宮の沢/西野は函館本線上で取得。

F版の小樽/後志は室蘭本線上での取得を失敗したので銭函駅で取得しました。
ソフバンであるiPhoneの方を心配していましたが逆の結果でした。ちょっと焦りもあったかもしれません。
otaru.jpg

札幌へ戻り、15:50頃の特急スーパーおおぞらで帯広に向かいます。14年7月時点では減便されているようです。

5.jpg

途中で岩見沢/空知、旭川/上川、帯広/十勝を制覇。
F版は副垢で亜美の待受を入手しました。

帯広まで約2時間半程度到着。空港連絡バスの出発まで30分ほどありました。

帯広駅からとかち帯広空港までは40分程度でした。

飛行機で羽田空港に到着、京急を使用し帰宅しました。

この遠征で東北地方9エリア、北海道27エリア制覇。ただし道北、道東の難関エリアを
残しており北海道の完全制覇は1年後となりました。

遠征後。色つきが未制覇エリアです。
hokuto-enseigo.jpg

hokkaido-enseigo.jpg


次の遠征記は九州となります。
  1. 2014/07/14(月) 22:04:47|
  2. アイモバ

アイモバ 第一次東北・北海道遠征その2

第一次東北・北海道遠征の二日目となります。

この日は札幌を目指します。

花巻空港駅から盛岡駅へ向かいます。とりあえず江差線との接続が良い時刻を選択しました。

時刻は曖昧です。現在は変更になっている可能性があります。また、木古内~江差間は廃線となりました。
特にJR北海道は整備不良等の問題で減便しています。必ずお調べ下さい。

北海道内は事前に購入していた「コロプラの北海道乗り放題、全道版2日」を使用しました。
フリーエリア内の特急・急行・普通列車の普通車自由席に乗り降り自由という切符です。


元は取れていたと思いますが、その都度切符を買う手間も省けるので楽です。
繁忙期でなかったので席取りも苦労しませんでした。

アイモバもこういうコラボで収益を上げるべきだと思うんですけどねぇ。

宮澤賢治に見送られて出発します。

kenji.jpg


7:47花巻空港~盛岡8:23 

8:49~9:50 新幹線はやぶさ1号 新青森

10:17~11:44 特急スーパー白鳥1号 木古内

木古内から江差を目指します。お客さんは自分含めて7人。廃線が決まった直後でまだ空いていました。
1時間ほどで江差に到着。すぐに折り返します。

ここまでの新規エリア。
青森県、八戸、青森。
北海道、函館/渡島、江差/桧山。

函館は代行少なめでした。江差は熱心な方がいるようです。F版は10件ほど。

江差線の風景、天候は悪かったです。
esashi1.jpg

esashi2.jpg

esashi3.jpg

esashi4.jpg

新幹線工事中。
esashi5.jpg


木古内 14:20~14:58 特急スーパー白鳥11号 函館

15:13~17:55 特急スーパー北斗11号 苫小牧

hokuto.jpg


最初はこのまま札幌へ向かい、翌日の早朝にでも浦河/日高へと考えていましたが時刻表を見ると
富川駅での折り返し時間が少なく、接続も良いルートが見つかったので苫小牧で日高本線へ乗り換えます。
これによって日程に大きな余裕が出来ました。

日高は代行が溜まり易く、この時は二十数件ありました。限定オファーだと期限切れとなる可能性もある
所謂、過疎エリアです。

18:17~19:01 日高本線・様似行 富川

hidaka.jpg


19:22~20:05 日高本線 苫小牧

20:19~21:16 特急北斗93号 札幌

ここまでの新規エリア。

小樽/後志、苫小牧/室蘭、浦河/日高、北広島/恵庭/千歳、厚別、白石、大通東、札幌駅周辺


2日目のルートはこのようになっています。

4.jpg


札幌駅到着後は大通公園周辺で響の待受をゲットし、札幌駅周辺エリアの宿に向かいました。
ひびきんの待受は北海道、沖縄。端と端で極悪な配置ですね。エリア的には難しくないかもしれませんが。

開始より2週目、このあたりでi版は中堅に昇格しました。
chuken.png


第一次東北・北海道遠征その3に続きます。
  1. 2014/07/14(月) 19:38:01|
  2. アイモバ

アイモバ 第一次東北・北海道遠征その1

i版としては初の遠征となります。所用があり岩手まで行く予定があったので、3連休を取得。
ついでに北海道も出来るだけ埋める事とF版の待受を2種取得することが最大の目的です。
待受は大通公園周辺エリアの響と帯広/十勝エリアの亜美です。

765の日でないのでとりあえず亜美は副垢で取得します。日時は13年の4月13日未明から4月15日となります。

今回、岩手までは東北自動車道を利用しています。

首都高での新規エリア。
東京、天王洲、日本橋、人形町/浜町、浅草、北千住。
埼玉、川口。


touhoku1.jpg



東北道での新規エリア。
埼玉県、浦和、大宮、春日部/越谷、久喜/羽生。
群馬県、太田/館林。
栃木県、小山/佐野/足利、宇都宮、塩原/大田原周辺、那須。


東北道のメリットは「JRで取れない太田/館林エリアを通過する」と言うことでしょうか。

touhoku2.jpg


塩原と那須エリアは深夜通過ということもあり代行が沢山ありました。

いよいよアイモバを始めて初の東北地方となります。

東北道での新規エリア。
福島県、郡山、福島。
宮城県、仙南、仙台市周辺、大崎。
岩手県、一ノ関、盛岡。


touhoku3.jpg

13日の朝に花巻に到着。所用で一日潰れました、沿岸エリア(おそらく東北六県で最難関)を攻略したかったですが、
釜石線の本数が少なく諦めました。東北は3次遠征まであると想定していたので持ち越しました。

長くなるので分割します。
  1. 2014/07/14(月) 17:39:04|
  2. アイモバ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。